バロットの味は美味しい?卵の食べ方や日本で食べれる場所や通販を調査した件

こんにちは、りょうです。

今日もりょう×「?」をテーマに
気になる話題を毒舌でお届けします!

ってことで、今回、僕が
気になったテーマはというと

バロット

についてです。

テレビやネット上で
たまーに話題になる、
アヒルの卵、バロット。

テレビで見るだけでも、

「やばっ、絶対無理!」

って感じですが、
味は美味しいのでしょうか?

僕は決して食べる気はないですが(笑

バロットの味は美味しいのか?
気になったので。

今回はバロットの味は美味しいのか?
調べると共に卵の食べ方や日本で
食べれる場所や通販を調査し
まとめ
てみることにしました。

Sponsored Links

バロットとはそもそも何だ?

バロットとは何なのか?

知らない方も多いと思うので
バロットを簡単にご紹介しますと

孵化直前のアヒルの卵を加熱したゆで卵
出典:https://ja.wikipedia.org/

になります。

もうこのことを知った瞬間、

「えっ?知らなければよかった」

と思った方もいるかもしれませんが。
(僕はそうでしたが・・・)

実はこのバロット、

  • フィリピン
  • ベトナム
  • 中国

等の東南アジアを中心に
食される人気の食材になります。

なぜ人気なのか?は栄養が豊富で
滋養強壮に効果があるとのことですが、
そもそもが卵ということをと考えると
何となく分からなくもありませんね。

ただ見た目が何とも強烈ですが。

 

バロットの味は美味しいのか?

生きていたらもしかしたら
出会うかもしれない食材バロット。

好んで食べるには相当な勇気が
必要ですがそもそもこのバロットの
味は美味しいのでしょうか?

早速、その味が気になったので
ネット上で食べた方の口コミを
探ってみたところ、下記のような
記事を発見しました。

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

流石食べたことがあるだけに、
内容がかなり生々しいですがその他の
口コミも調査しまとめたところ
結論からすると

美味しいかは人による

になります。

見た目からすると一見不味そうですが、
バロットを食べた方の口コミを調べると
卵が好きな人は食べれるかもですが、
卵が嫌いな人は食べれないようで。

もっとわかりやすく例えるなら
海外の人の多くが納豆が嫌いなのと
同じような感覚がこのバロットには
あるようです。

ちなみに味に関しては
人それぞれで口コミが違い

  • 親子丼
  • ゆでたまご

等の味の口コミがありましたが、
こればかりは正直食べた人にしか
わかりません(笑

卵好きでゲテモノが好きという方は
1度試してみるといいかもしれません。

ちなみにバロットの食べごろは
18日目の卵がもっとも美味とのことです。

 

卵の食べ方が気になりすぎる

味のイメージはなんとなーく
分かったバロットですがこれって
どうやって食べるのでしょうか?笑

骨とか羽とかありそうでどこを
食べれば良いのかわからなったので
早速、バロットの食べ方を調査し
まとめてみることにしました。

食べ方はコチラです。

  1. 卵に穴をあける(気室のあるほう)
  2. 穴からスープをすする
  3. 殻を割り、調味料(塩や酢、ハーブ等)を入れる
  4. すくって食べる

です。

一般的な食べ方は上記になりますが、
人によりスープを飲まなかったり、
食べる場所を選んだりする方もちらほら。

ゆで卵感覚といえば
そのように感じますが気になる方は、
是非1度チャレンジしてみては
いかがでしょう?笑

Sponsored Links

日本で食べれる場所はどこ?

フィリピンやベトナムなどのアジアを
中心に食べる事ができるバロットですが
日本でも食べることができるのでしょうか?

食べる訳ではないけれど、
僕的に気になったので早速、
日本で食べれる場所を探ったところ、
ネット上の情報では

東京等の関東を中心に数店舗

のお店で食べれることがわかりました。

情報が古いので今も食べれるか?は
ちょっと別の話になりますが、
ただ日本のフィリピン料理屋さんへ
足を行けば高確率で食べる事が
できるのではないかなと思います。

もし気になる方は

「都道府県 フィリピン料理」

で調査してみるといいかもしれません。

後は、お店に確認をとれば、
もしかしたら意外と近くで
バロットが食べれるかもです。

 

ちなみに通販に売ってあるのか?

さすがに売ってないだろう?

と思いながらもとりあえず日本の通販に
バロットはあるのか?調査したところ、
なんと

サンパギータ

という通販で販売している事がわかりました(笑

出典: https://www.studio-yokoi.com/~sampaguita/index.php

ちなみにお値段は1個当たり200円。

正直、

「一体誰が買うんだ?」

と衝撃的でしたが、
通信販売しているバロット。

味が気になる方は1度、
問い合わせしてみてはいかがでしょう。

 

あとがき

 

フィリピンでは庶民の味として
親しまれているバロット。

もう見た目は何とも言えませんが、
栄養価が高いと思うとちょっと
食べてみたい気もしますね。

とは言っても、
やっぱり最初は

勇気がいる

ですね。

今回のバロットについて
簡単にまとめると

・味が美味しいかは人による
・食べ方はゆで卵に似ている
・販売店や通販はある

になります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

Sponsored Links

こちらの記事もよく読まれています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。