DAOKOの本名って何?名前の由来や過去の経歴からおすすめの曲アルバムを全まとめ

こんにちは、りょうです。

今日もりょう×「?」をテーマに
気になる話題を毒舌でお届けします!

ってことで、今回僕が
気になったテーマはというと

DAOKOの本名

についてです。

打ち上げ花火の主題歌に起用さ
れMステにも登場とブレイク間近の
ラッパーDAOKO。

可愛いくてミステリアスな雰囲気から
放たれるウィスパーボイスを聞いた時、
僕も

「何だこれは!好きだッ!」

と虜になったわけですが(笑

そんな事はさておき、
今人気急上昇中のDAOKOって
本名は何なのでしょうか?

DAOKOがさすがに
本名ではないでしょうし、
何かと謎が多い人物なので。

今回はDAOKOの本名を調査すると共に
名前の由来や過去の経歴、そしておすすめの
曲やアルバムをまとめ
てご紹介します。

Sponsored Links

DAOKOの本名とは?

出典: https://twitter.com

まずDAOKOの本名に迫る前に簡単な
プロフをチェックしていきましょう。

名前:DAOKO
生誕:1997年3月4日
出身地:東京都
出典:https://ja.wikipedia.org/

ですね。

プロフから気になる点を言うならば
年齢が20歳という若さぐらいですが、
それ以外は全てがミステリアスな彼女。

早速、彼女の知られざる世界を
調査ってことでまずはDAOKOの
本名からネット上の情報を元に
片っ端から探ってみたところ・・・

すいません。

本名に関する情報はなし

という結果に終りました(笑

正直、検索した結果

「ガチか?謎すぎる!」

というのがホンネですが、
ただし本名に関するヒントは
いくつか発見する事ができたので
ご紹介しますと過去のDAOKOの雑誌の
インタビュー情報では

本名にコンプレックスがあり

とのことで。

DAOKO本人が本名を晒す自信がない
ということがわかっています。

「自信がないって、ちょっと・・・」

って感じですが、
彼女自身の本名を彼女の
コメントから探ると

  1. よっぽど普通の名前
  2. 変わった名前

の2つの可能性が高いでしょう。

また別のヒントでは本名というよりも
苗字が「吉田」といった説がありましたが
こちらは全く持って信憑性はなし!ですね。

一体、本名は何なのか?

気になりますが情報が今のところ
情報がないので新たな情報が入り次第、
追記していきたいと思います。

 

名前の由来が気になる!

アーティスト名でも珍しい
ネーミングをもつDAOKO。

DAOKOと書いて「だおこ」と読むかと
思いきや実は「だをこ」が正しい
読みとのことで。

一体なぜこんな変わった名前にしたのか?

名前の由来を探ってみたところ、
中学時代に活動していた

名前を短縮した結果

がDAOKOの名前に繋がっている事が
わかりました。

短縮したというのに名前の由来に
本名のヒントがありそうな気もしますが
一体何を短縮したのか?調査したところ

頭、真ん中、最後

の組み合わせとのこと。

中学で活動して時の名前が
もう何が何だかよくわかりませんが(笑

わかったことは、DAOKOのルーツは
すでに中学にある
ってことですね。

何だか音楽をする為に
生まれてきたかのような彼女に
ただただ驚くばかりです。

Sponsored Links

過去の経歴を簡単に

打ち上げ花火の主題に始まり
Mステ以降、じわじわと注目を
集めているDAOKOですが音楽では
どのような経歴を持ってるのでしょうか?

僕たちは現在のDAOKOしか知りませんが
過去の彼女の歩んできた経歴が
気になったので時系列で簡単に
まとめていきたいと思います。

・15歳→初音ミクの「戯言スピーカー」を
ラップにアレンジしニコニコ動画に投稿

・高校入学と同時にインディーズレーベルと契約

・2012年→ファーストアルバムをリリース

・2013年→m-floとコラボ曲「IRONY」を配信

・2013年→セカンドアルバムをリリース

・2014年→映画「乾き」に楽曲提供

・2014年→インディーズレーベル脱退

・2015年→メジャーデビュー

なんと高校時代に
すでにインディーズながらも
レーベル契約を果たすなど音楽の
才能を開花させていた事が発覚。

過去の経歴を探ると
当初の高校の規則もあり、
顔出しNGでの音楽活動を行い
2015年に初めて顔出ししています。

そして現在、2017年、
じわじわと注目が集まり、
ブレイク間近。

2018年はますますDAOKO旋風が
巻き起こるのではないかと
感じています。

たぶん、来る!

 

おすすめの曲は何?

型にはまらない柔軟さと世界観、
そしてウィスパーボイスが
魅力のラッパーDAOKO。

映画の主題歌で起用された
「打ち上げ花火」はもう言わずと
知れたDAOKOの鉄板曲ですが、
その他にどんな曲があるのか?

気になる方の為に。

ここからは僕が選ぶ、
DAOKOのおすすめの曲を
ピックアップしまとめてみました。

DAOKOが気になる方は、
是非チェックしてみてくださいね。

多くのアーティストに
カバーされている
DAOKOの「水星」

ラッパーDAOKOの世界観と
ウィスパーボイスが心地よく
癖になるおすすめの一曲です。

渋谷のスクランブル交差点を
DAOKOの世界観で捉えた
「ShibuyaK」

今時の高校生の心情や渋谷のあり方を
語った歌詞が心に突き刺さります。

CMにも起用された
DAOKOの代表曲でもある
「ダイスキ with TeddyLoid」

乙女の心情をストレートに
表現した歌詞とDAOKOの世界観が
クセになる中毒性がある一曲です。

 

アルバムはまずこれ聞くべし

現在、ミニアルバムを含め、6枚の
アルバムをリリースしているDAOKO。

一体どれから聞くべき?

とDAOKOが気になる方に
僕がおすすめするのは

  • 「HYPERGIRL-向こう側の女の子-」
  • 「GRAVITY」

ですね。

インディーズ時代に出した
アルバムですがこの作品には
メジャーデビュー前の彼女の
世界観がたっぷり詰め込まれています。

1度聞いたらどっぷりと
はまってしまうDAOKOの
世界観を感じて見たい方は
是非、視聴してみてくださいね。

 

あとがき

 

時には静かに時には激しく、
音楽の型にはまらない
音楽性が癖になるDAOKO。

メジャーデビュー後、
テレビに起用されてからは
様々なアーティストとのコラボが
目立ちますが彼女の曲も聞きたいところ。

まだまだ20歳、これから
さらに進化し成長するDAOKOに
ただただ注目するばかりです。

今回のDAOKOの本名について
簡単にまとめると

・本名は不明
・名前の由来は中学時代に活動した名前を短縮
・おすすめの曲は「水星」「ShibuyaK」

になります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

Sponsored Links

こちらの記事もよく読まれています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。