ユーチューバーを事務所でやる意味ってある?所属するメリットとデメリットまとめ

こんにちは、りょうです。

今日もりょう×「?」をテーマに
気になる話題をお届けします!

ってことで、今回僕が
気になったテーマはというと

ユーチューバーを事務所でやる意味

についてです。

近年ユーチューバーが増えていって、
色んな動画を観られるようになりました。

そんな中ユーチューバー同士が
共演している動画をみると友情出演かと
思いきや「同じ事務所」という言葉が。

えっと、

「事務所って何?」

と思いましたが。

実はユーチューバーは個人活動以外に
事務所が存在していることが発覚しました。

まるで芸能人のようですが、
ぶっちゃけユーチューバーを
事務所でやる意味ってあるのでしょうか?

事務所でやるメリットやデメリットが
正直よくわからなかったので。

今回はユーチューバーを事務所で
やる意味は何なのか?メリットやデメリットを
まとめ
ていきたいと思います。

Sponsored Links

ユーチューバーを事務所でやる意味ってある?

現在、ユーチューバーとして
活躍している人は

  1. 個人
  2. 事務所

の2パターンに分かれますが、
事務所でやる意味とは何なのでしょうか?

早速、このことについて
メリット、デメリットを調査した上で
やる意味の結論から申し上げると
1番大きいのは

安定性の違い

かなと思います。

かなりザックリしてますが
僕が出した答えは上記の通り。

一体どういうことなのか?は
メリットやデメリットをみれば
お分かり頂けるかなと思います。

 

事務所に所属するメリット

まずユーチューバーを事務所で
やるメリットを調査していきましょう。

 

メリットその1.動画の撮影をサポート

ユーチューバーを事務所で行う中で
1番大きなメリットの1つが

動画の撮影のサポート

です。

面白い動画を作るのが
仕事のユーチューバーですが、
実は動画を作るのは意外と
準備がかかるものです。

スタッフなしで、
1人で1から構成を考え、
機材の準備からセッティング。

それを個人でやるには、
撮影スタイルも含めて
やっぱり限界があるもの。

ですが、事務所に所属している
ユーチューバーの動画を観てみると、
個人ではできない

  • 施設などの許可
  • 巨大な企画(モノや場所)

等の動画を作ることができます。

こういった事ができるもの
事務所という組織の力ならでは
ないかと思います。

 

メリットその2.ユーチューバー同士の交流

ユーチューバー事務所に
所属していることでできるのが

他のユーチューバーと交流

です。

個人のユーチューバーでは
自分からアポを取るなどアクションが
必要ですが事務所が同じなら
それも安易に出来ることは
間違いありません。

また事務所が同じだと
今人気のユーチューバーと話せる
可能性もあがるので大きな発見も多いはず。

またコラボすることも
容易にできるので自分のファン以外からも
自分の動画を観てもらえる機会を
増やすこともできちゃいます。

仲間と交流できることで、
自分の動画にはないエッセンスだったり
発想だったり、撮影方法や編集の仕方まで
意見交換をすることができることは事務所所属の
大きなメリットの1つではないかと思います。

 

メリットその3.各メディアとの調整がラク

個人のユーチューバーが
有名になればいずれやってくるのが
雑誌やテレビ出演。

これが個人だと動画の撮影やら
スケジュール調整が難しいですが、
事務所だとこちらのメディアとの
スケジュールを調整してくれます。

まさに芸能人なみですが(笑

事実、人気ユーチューバーの
HIKAKINやはじめしゃちょーが
テレビ番組に出演していることを考えると、
もうユーチューバーは芸能人と対等という
目線で考えた方がいいかもしれませんね。

また事務所という大きなバックがあると
企業とのタイアップもやりやすくなります。

企業とのタイアップができると
広告収入以外の収入源になりますし、
今まで観てもらえてなかった人に観てもらえる
チャンスを作ることができまし、知名度アップには
各段に増すばかりです。

 

メリットその4.イベントを開催できる

個人でやっていたら、
イベントを開いたとしても
場所の確保をするのが大変ですが、
事務所だと会場を確保も比較的容易です。

ユーチューバーにとってファンの方と
実際に会って交流できるイベントの存在は
大きいそうで、自分たちの頑張りがちゃんと
報われていることを実感できるという話
聞いたことがあります。

確かに再生回数はあるけど、
実際に観てくれているのかな?と
いう疑問は少なからず湧いてきますよね。

また、ファンにとっても大事なもので、
普段は画面の向こうにいる好きな
ユーチューバーが目の間にいるというのは
まさに最高のひと時。

こういったファンとの交流や
イベントが容易にできるのも、
事務所ならではのメリットですね。

 

メリットその5.グッズ作製が簡単

個人でユーチューバーをやっていたら
どうしても数ができないグッズの作成です。

1人でグッズを作成するのですから
それこそ時間と労力がかかりますし、
またその他の企業に依頼しても
個人では交渉すら難しいといえます。

ですが、事務所に
所属しているとその大きな力で
相手にしてもらうことができますし、
スタッフがいるので数も多く作ることが可能です。

もちろんそれはユーチューバーとしての
グッズ販売での収益も大事ですし何より、
ファンにとって好きなユーチューバーの
グッズは欲しいところ。

自分たちだけでなく、スタッフさんを含めて
企画できるので色んな発想が生まれて、
たくさんグッズを製作することができるのも
事務所の大きなメリットによるものといえます。

Sponsored Links

事務所に所属するデメリット

ユーチューバーを事務所で
やる意味についてメリットを調べると

「事務所がよすぎる!」

になってきましたが(笑

逆に事務所のデメリットとは
何なのでしょうか?

メリットがあれば、当然デメリットもある、
ということで早速、デメリットを調査し
まとめてみることにしました。

 

デメリットその1.過激な動画は出しづらい

ユーチューバーの事務所に
所属することで1番大きなデメリットは

自由度

でしょう。

個人だと好きなことを自由に
楽しみながら動画を制作出来ますが、
事務所となると信用問題につながるので
過度な動画制作ができなくなっていしまいます。

個人がやりたくても事務所からストップ。

こうなるとどうにもできませんが、
事務所により出来る範囲はOKという
こればかりは所属する事務所のルールを
知っておく必要があるといえます。

 

デメリットその2.収益は事務所と分ける

そしてもう1つ、
個人と事務所の大きな違いが

収益

です。

個人の場合、YouTube上での
広告収入は自身に丸々入りますが、
逆に事務所に所属するとなると当然、
収入の一部が事務所へ渡ります。

これは事務所の運営費や
スタッフの収入にあてられるので
仕方ないことですが間違いなく
収益は個人よりも低くなる
可能性は高いでしょう。

僕の調べた結果になりますが、
事務所で手数料として

20~50%

の収益をかかるのことです。

お金に換算すると結構大きな痛手ですが、
その分、安定性がある事やできる企画が
大きくなることを考えると正直、

「何も言えねぇ」

ですね。

 

あとがき

 

誰でも簡単にできる
ユーチューバーは個人が多いと
思ってましたが事務所でやってる方も
実は多いのが現在のYouTube業界でもあります。

メリット、デメリットにおいては
どちらも良し悪しがありますが、
僕としては右も左もわからない
ユーチューバーであるなら事務所に
所属したほうがいいかもしれませんね。

そっちの方がいい経験が積めますし、
自分の方向性が見えてくるかなと思います。

事務所のメリット、
デメリットを比較しながら
自身の方向性を決めていきましょう。

今回のユーチューバーを事務所を
やる意味について簡単にまとめると

・メリットは安定性と拡大
・デメリットは自由度と収益減

になります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

※追記

こちらの記事も一緒に
楽しんで頂けたら幸いです。

ユーチューバーの収入の仕組みとは?画像でお金の受け取り方からその他の収入源を解説

ユーチューバーの収入や年収はいくら?人気と底辺の比較からみえる成功のコツまとめ

ユーチューバーのなり方まとめ!必要な機材の費用から登録方法に危険リスクを徹底伝授

Sponsored Links

こちらの記事もよく読まれています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。