小林快次(恐竜化石ハンター)とはどんな人?過去の経歴からおすすめの書籍や本を全まとめ

こんにちは、りょうです。

今日もりょう×「?」をテーマに
気になる話題をお届けします!

ってことで、今回僕が
気になったテーマはというと

小林快次(恐竜化石ハンター)

についてです。

恐竜化石ハンターとして
クレイジージャーニーに登場した
小林快次さん。

男なら誰もが憧れる恐竜や化石を
掘り起こすその姿を見た時は、まさに

「凄ッ!」

の一言でしたが小林快次さんとは
一体どんな人なのでしょうか?

僕としては小林快次さんの
プロフィールや過去の経歴が
気になったので。

今回は小林快次とはどんな人なのか?
過去の経歴を振り返るとおすすめの
書籍や本をまとめ
てご紹介します。

Sponsored Links

小林快次(恐竜化石ハンター)とは?

出典: https://twitter.com/

恐竜化石ハンターこと
小林快次さんとはどんな人なのか?
の前にまずは簡単なプロフィールを
まとめてみることにしました。

名前:小林快次(こばやし よしつぐ)
年齢:1971年
出身:福井県

ですね。

2017年、現在46歳の小林快次さん。

クレイジージャーニーでは恐竜化石ハンターとして
紹介されましたが普段は何されてるのか?
というと職業は

教授

になります。

プロフィールで教授というと

加藤英明(爬虫類ハンター)の年齢や経歴まとめ!イケメンだが結婚してるか調査した件

を思い出しますが、それはさておき。

現在は、北海道大学総合博物館准教授
にて勤務
されていることがわかりました。

Sponsored Links

過去の経歴が凄すぎる!

教授と恐竜化石ハンターの二足の
草鞋を履きながら現在活動されている
小林快次さんですが過去の経歴を調べると
ただただ

凄い!

の一言。

過去の経歴を時系列で簡単にまとめると

【中学時代】

化石採集にはまる。

 

【大学時代】

入学後1年で渡米、ワイオミング大学、
地質地学物理学科に入学。

飛び級で学士優秀賞を取得。

卒業後、サザンメソジスト大学院に進学。

日本人初の恐竜の博士号を取得。

と、もう人生そのものを
恐竜に捧げていることがわかります。

日本人初の「恐竜の博士号」を取得するあたり、
その熱意はまさにクレイジーですが、
日本人が誇る偉人の1人といっても
過言ではないでしょう!

 

おすすめの書籍はこれ!

クレイジージャーニーにて
凄すぎる恐竜の化石発掘を披露した
小林快次さんですが実はこれまでに
多数の書籍を出版されています。

全ての本はもちろん
恐竜に関する内容になりますが、
ここではその中でも小林快次さんの
おすすめの本をまとめてご紹介します。

タイトルどおり大人のために書かれた、
恐竜の書籍「大人のための恐竜学」

文章と共にイラストなどで解説があるので
子供の頃のあのワクワクを思い出すには
うってつけです。

子供から大人まで楽しめる「恐竜 新訂版」

NHKのスペシャル映像DVD付き
恐竜の気になることがたっぷりと
詰まった一冊になっています。

恐竜のことを極めている一人者だからこそ
執筆できる他にはない恐竜本。

子供の頃のワクワクしていた
あの日から大人になった今再び、
恐竜のことを考えるとまた違った
見方で楽しめるのではないかと思います。

 

あとがき

 

男性なら誰もが1度は胸を躍らせた恐竜。

今もなお、様々な説があり、
その存在や生態については
謎に包まれていますがこうやって第1人者の
生の声や活動をみると見てるだけで
ワクワクしていきますね。

クレイジージャーニーは
いつも新たな冒険で視聴者を
楽しませてくれますが今回は久々に
昔を思い出した良い機会になった気がします。

やっぱり、

男はロマンなり!

です。

今回の小林快次(恐竜化石ハンター)について
簡単にまとめると

・小林快次とは教授であり、恐竜化石ハンター
・過去の経歴というより学歴が凄すぎる
・おすすめの本は大人のための「恐竜学」

になります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

Sponsored Links

こちらの記事もよく読まれています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。