紅の豚はポルコはなぜ豚なのか?理由やその後の結末をネタバレ予想

こんにちにちは、りょうです。

今日もりょう×「?」をテーマに
僕が気になる話題をお届けします!

今回気になったテーマはというと

紅の豚はポルコ

についてです。

子供の頃は面白さがいまいち
分からなかったジブリ映画で
お馴染みの「紅の豚」

大人になってからみると

「ただの飛行機の映画ではない!

ということが分かり、
見る年齢によって楽しみ方が
変わる訳ですが、それよりも
気になるのが

なぜ紅の豚は人ではなく豚なのか?

ということです。

映画で元は豚ではなく、
人間だということはわかってますが、
何があって豚になったのか?は
大人になっても気になるところ。

ってことで、
今回は元は人間だったポルコが
なぜ豚になったのか?その理由やその後の
結末について勝手に予想しながら
まとめ
ていきたいと思います。

Sponsored Links

紅の豚ことポルコはなぜ豚の姿なのか?

紅の豚ことポルコの真実に迫る前に、
まずはポルコのプロフを簡単に
まとめてチェックしていきましょう。

出典: https://twitter.com/

旧名:マルコパゴット
元職業:パイロット

本名:ポルコロッソ
職業:賞金稼ぎ

ですね。

見てお分かりの通り、
紅の豚ポルコとは豚になる前と
なった後で全く別々の道を
歩んでいる事がわかります。

これは自らが豚になったからの
生きかただとは思いますが、
そもそもなぜ

ポルコは豚になったのか?

その秘密にせまってみたところ、
実は元々人間だったポルコは

自ら魔法をかけた

ことで豚になったということが
裏設定にある事がわかっています。

紅の豚のストーリーのあらすじに

イタリア空軍のエース・パイロットだった彼は、自らに魔法をかけて豚の姿になってしまったのだ。出典: https://www.amazon.co.jp

という紹介があるからこそ、
まず間違いないとして。

ちなみに独特のネーミング
ポルコッソのネーミングを探るとイタリア語で
ポルコロッソ=「赤い豚」という意味があり、
イタリアでは豚というのは侮辱する言葉。

また紅の豚の舞台となるモデルも
イタリア、アドリア海ということもあり、
侮辱される姿に自らなったということになります。

 

豚になった考えられる理由3つ

ではなぜ自ら魔法をかけたのか?

気になったのでさらに調べてましたが、
未だにその理由は公言されず、真意は不明。

ただそんな真意も分からないからこそ、
ファンの中ではポルコが豚になった説が
物議を醸しておりますが。

ここからはその中でも
ポルコが豚になった理由の中で
考える有力な説をまとめてご紹介します。

 

理由その1.戦争や国家に幻滅した

紅の豚の舞台はというと
実は第1次世界大戦後だと言われています。

ポルコは当時イタリア空軍のエースで
戦争に出ていましたが、友人は
次々と亡くなっています。

そこでポルコは心に傷を負い、戦争や国家に幻滅。

人間であることが嫌になって
自ら魔法をかけたのではないか?

という説があります。

豚になったポルコのセリフにも

「豚に国家も法律もねえよ」「ファシストになるより、豚の方がマシさ」

という言葉があるので
そういわれると何だか本当かも?
と思ってしまいますよね。

豚になってからのポルコは
賞金稼ぎとして生活していますが、
その時はレースのみで誰にも左右されず

「自分の稼ぎでしか飛ばない」

とも言っていることを考えると本心は

  • 戦争はしたくない
  • 社会に属したくない

ということが伺えます。

 

理由その2.何もしない人間=「豚」

戦争が終わり、生き残ったポルコ。

自分だけがのうのうと生きているのが、
ただの豚であるという表現をしている
セリフが映画の中で分かっています。

それを表しているセリフは

「飛べない豚はただの豚だ」

紅の豚の中で一番有名なセリフでよね。

飛ばない自分はただの豚であり、
ただの豚でないと証明するために
名誉にならないながらも、飛行艇で
飛び賞金稼ぎをしているのではないか?

ファンの間では推測されているようです。

 

理由その3.ジーナを愛さないため

劇中、主人公のポルコに思いを寄せる
幼馴染でホテル・アドリアーノを
経営するジーナ。

ジーナがポルコに好意があることは映画を
見ていて分かりますが、ポルコがジーナに
好意を持っている様子は直接描かれていません。

ただ見ていたらポルコがジーナのことを
思っているということは一目瞭然ですが(笑

つまり両想いな訳で!

って話がそれそうなのでここらで話を戻すと、
ジーナのバックグラウンドでは

  1. 三回飛行艇乗りと結婚し
  2. 3人ともと亡くなってる

ということが分かっています。

かなり辛い過去をもつジーナ、
映画の中では

「泣きすぎてもう泣けない」

と言っているほど大きな傷を
心に抱えている事がわかっています。

これがリアルだったら
もう人を好きになるとか、
一緒に歩む事を諦めて
しまいそうですが。

そのバックグラウンドを
知っているポルコだからこそ、

同じようなことを体験させない

ようにポルコは豚の姿になり、
ジーナから愛されないようにした
のではないか
と言われております。

作品の筋から見てみると、
この理由がポルコの豚になった理由で
1番しっくりきますが、果たして真実は何なのか?

もう1度「紅の豚」を見る時は、
そういったポルコが豚になった理由を考えて
見るとまた違った面白さがあるのではないか、
と思います。

Sponsored Links

ジーナとのその後を結末予想

紅の豚の作品中で結局、

その後のポルコとジーナがどうなったのか?

はやっぱり誰もが気になるところですが。

実はポルコとジーナの
その後の結末が分かるヒントが、
作品の中で隠されていることがわかります。

それがこちらのシーン。

この赤い飛行艇はまさしくポルコの飛行艇。

かなーり分かりにくいですが、
この紅の豚の終わりのシーンで
ジーナは下記のようなセリフを残しています。

ジーナ「私がこの庭にいるときにその人が訪ねてきたら、今度こそ愛そうって賭けをしているの」

そしてこの内容の言葉を紐解くと
「その人」とは、間違いなくポルコ。

そして「私がこの庭にいるとき」というのは、
ジーナは昼間ホテルの庭で読書をしている
ってことですね。

まとめるとジーナーがいう賭けとは

ジーナーが昼間読書しているときに
ポルコが訪ねてくるか?来たら愛す!

ということですね。

ではそのジーナーの賭けはどうなったのか?

その後の結末をみると
画像を見て分かるように、
昼間の時間帯にポルコの
飛行艇がある事がわかります。

つまりジーナーは賭けになったということ、
つまり2人は結ばれたということになりますね。

フィオナが作中に
「ジーナの賭けは私たちだけの秘密」
って言っていて、色々想像させられましたが、
まさかの中に答えが隠されていたとは
ジブリならではの伏線あるあるに
ただただ驚き。

ジブリの作品は、
やはり凄いとか
言いようがありません。

 

実は宮崎駿監督がその後を明言していた

作品の世界観やストーリーについて
あまり明言しない宮崎駿監督ですが、
実は紅の豚のその後について
語っていたことが発覚しました。

その内容はというと監督曰く

「ポルコは人間に戻ったが、10日ほどでまた豚に戻る」

らしいんですね(笑

豚の姿の方が良かったのか?
はポルコのみぞ知ることですが。

また戻ったという事は
ジーナーと一緒になった後、
何かしらの理由があり、
戻ったということなのでしょう。

紅の豚に隠された伏線の数々に裏設定。

紅の豚を、もう1度見る機会がある時は、
作中の画や言葉1つ1つにポイントをあて
作品を楽しんでみてくださいね。

 

あとがき

 

ちなみに
ジーナと結婚したとわかるポイントが
実は飛行艇の機体番号に残されています。

ポルコの人間時代の
空戦の回想シーンをみると
ジーナの最初の旦那さんの
飛行艇の機体番号は「1」。

そしてポルコは「4」。

実は機体番号は
旦那さんになった順番を
表しているという暗示が
あったということですね。

紅の豚、深すぎる!

今回の紅の豚はポルコはなぜ豚なのか

・ポルコは自ら豚になる魔法をかけた
・豚になった理由は不明
・その後はジーナと結婚
・10日後に豚に戻る

です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

Sponsored Links

こちらの記事もよく読まれています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。