カクレマンボウとマンボウの違いって何?画像で見た目や特徴をまとめてみた

こんにちは、りょうです。

今日もりょう×「?」をテーマに
僕が気になる話題をお届けします!

今回気になったテーマはというと

カクレマンボウ

についてです。

最近、マンボウの
新たな品種として発見され、
命名されたカクレマンボウ。

何だかさかなクンが

「ギョギョッ!」

と喜びそうな
ほっこりニュースですが。

カクレマンボウとは普通の
マンボウとどう違うのでしょうか?笑

もう名前に「カクレ」が
付くだけで、違いが分からず、
見分け方が付きにくいイメージがありますが。

果たしてその違いとは何だ!

ってことで今回は、
カクレマンボウとマンボウの違いを
画像で比較しながら見た目や特徴を
まとめ
ていきたいと思います。

それでは、早速参りましょう。

ウー、マンボッ!笑

Sponsored Links

カクレマンボウとマンボウを画像で比較してみた

それでは、早速、
今回さかなクンが喜びそうな
大ニュース、カクレマンボウを
画像でチェックしてみましょう。

これって

「マンボウじゃんッ!」

ですね(笑

ひと目見てすぐ思い浮かぶ、
マンボウそのものですが。

ちょっと冷静になって
続いて本家マンボウの画像を
チェックしてみましょう。

こちらも

「マンボウじゃんッ!」

ですが(笑

Sponsored Links

見た目での違いはこれ!

2つの画像を比較してみると
カクレマンボウとマンボウには
いくつか大きな違いがあることが
分かりましたね。

もう皆さんもお分かりだと思いますが
特に大きな違いは

  1. 名前(当たり前だけど)
  2. 斑点模様
  3. 舵(かじ)びれ

ですね。

顔はどちらも不細工ですが、
もしカクレマンボウとマンボウを
見極める場合は、この2つを
押えておきましょう。

もしかしたらクイズになるかもなので(笑

 

特徴をまとめてみた

さてさて、
カクレマンボウとマンボウの
画像での違いも分かったところで
特徴を比較しながらまとめて
いきましょう。

まずはマンボウから。

  • 生息地:全世界の熱帯・温帯
  • 大きさ:最大約3.33m

続いてカクレマンボウ!

  • 生息地:オーストラリア、ニュージーランド近海
  • 大きさ:最大約2.4m

一般的なマンボウと
カクレマンボウを比較して
大きく違う特徴はというと

  • 生息地
  • 大きさ

ですね。

マンボウの方が世界規模であり、
またカクレマンボウは一部のみ。

日本ではまず見られません!

また大きさもマンボウの方が
約1mほど大きいことも
覚えておきましょう。

 

あとがき

 

ちなみにマンボウは
魚のクセにまぶたがあり、
左右に動くそうです(笑

そして命が尽きる時には、
閉じるというまるで人間らしい
一面をもっています。

果たしてカクレマンボウは
どうなのか?はわかりませんが、
やはりマンボウは何かしら
人を惹き付ける魅力を
持っているようです。

普通にマンボウを
調べてその素性を探ると
笑いが出ると思いますので、
気になる方は是非、webで
チェックしてみてくださいね。

ウー、マンボ!笑

今回のカクレマンボウについて簡単にまとめると

・カクレマンボウとマンボウの違いは斑点模様と舵(かじ)びれ

になります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

Sponsored Links

こちらの記事もよく読まれています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。