ペルセウス座流星群2017が見える方角は?見頃はいつかピークの時間帯も全まとめ

こんにちにちは、りょうです。

今日もりょう×「?」をテーマに
僕が気になる話題をお届けします!

今回気になったテーマはというと

ペルセウス座流星群2017

についてです。

2017年の8月12日~13日やってくる
ペルセウス座流星群。

真夏の
星空にやってくるという、
何だか「君の○は」的な
ロマンチックな雰囲気の
予感を感じる訳ですが(笑

一体、
どこの方角で
ペルセウス座流星群を
見ることができるのでしょうか?

気になる相手と足を運んでは、
結局見れなった何てオチに
ならない為にも。

ここではこれからくる
ペルセウス座流星群2017が
綺麗に見える方角や見頃はいつか、
ピークの時間帯をまとめ
てご紹介します。

それでは早速、参りましょう。

Sponsored Links

ペルセウス座流星群とは?

ペルセウス流星群って
名前カッコいいけどそもそも何?

ってことでまずは
ペルセウス座流星群について
簡単にまとめてみることにしました。

ペルセウス流星群を簡単に説明すると

ペルセウス座γ星付近を放射点として現れる流星群

になります。

もう天文学すぎて
よーわからんですが(笑

ペルセウス座(Perseus)は、北天の星座でトレミーの48星座の1つ。有名な変光星アルゴル(Algol)(ペルセウス座β星)があり、毎年ペルセウス座流星群も観測される。
出典: https://ja.wikipedia.org

とのことです。

とりあえず、
ペルセウス流星群については
この辺で割愛して(笑

 

 

ペルセウス流星群には
どんな特徴があるのか?

調査したところ、

  • しぶんぎ座流星群
  • ふたご座流星群

と並び、年間三大流星群で
数ある流星群の中でもとても
観察しやすい流星群
になります。

しかも見れる時期が
毎年8月12日~13日という日程と
夏休みやお盆休みにピッタリなので
カップルでの天体観測デートはもちろん、
子供の夏の宿題、自由研究にもピッタリな
ありがたい流星群って感じですね。

 

ペルセウス座流星群2017が見える方角はどこ?

真夏の星空に輝く、
ペルセウス座流星群2017。

2017年の8月12日~13日に
見れるとの事ですが、見える方角は
どこなのか?具体的な答えはというと

北東の空

になります。

ただこの北東の
空の方角ばかり見ても
絶対と言う訳でないので、
星空を見るときは夜空全体を
見るようにした方がいいかも。

流星はどこにでも出現するので
天候が良ければ満点の流星にうっとり。

そしてその場面が、
カップルや好きな人だと

「いけるんじゃね?」

です。

男性の皆さん、頑張って
リードしていきましょう(笑

Sponsored Links

ガチな見頃はいつ?

ペルセウス座流星群2017の
ガチな見頃はいつか?についてですが、
先ほど上記で申し上げたとおり

8月12日、8月13日

になります。

この見頃の日程を逃せば、
また来年になりますので、
しっかりスケジュールを調整し、
準備に備えましょう。

 

ピークの時間帯は何時ごろ?

幻想的な雰囲気に酔いしれる
ペルセウス座流星群2017の
ピークの時間帯についてですが、
1番のベストな時間帯は

夜の8時から10時がベスト

です。

この時間帯には
夜空もすっかり暗くなっていますし、
天候との条件がバッチリ整えば、
満点の流星を見ることができます。

一体どれだけの流星が見れるのか?

具体的な数字にすると
多いときにはなんとその数

1時間に40個以上

何とも幻想的で美しい空間を
その眼に焼き付けることが可能です。

1人でお酒を飲みながら見るもよし。

大事な人や好きな人と見るもよし。

家族と一緒に見るもよし。

なペルセウス座流星群2017。

2017年の真夏の思い出として
これからのペルセウス座流星群を
共に楽しんでいきましょう。

ちなみに僕の場合はというと、1人(笑

誰か相手おらんかな。

 

あとがき

 

流星群と聞くと
三代目さんの「R.Y.U.S.E.I」、
BUMPの「ほうき星」をイメージするのは
僕だけでしょうか?

片方はパリピ、
片方は青春って感じですが(笑

夜空に光る流星にあわせて、
その雰囲気に会う音楽を一緒に、
楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

 

 

ちなみにペルセウス座流星群も
そうですが流星を見る時は

高くて暗いところに行く

ことをおすすめします。

街明かりより月明かり、
自然を肌で感じながら
ひと夏の思い出を。

今回のペルセウス座流星群2017について
簡単にまとめると

・ペルセウス座流星群は観察しやすい流星群
・方角は北東の空+夜空全体
・見頃は8月12日、13日
・ピークの時間帯は午後8時~10時

になります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

Sponsored Links

こちらの記事もよく読まれています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。