希望の党の支持率低下の理由とは?最新ネット情報から今後の展開を予想

こんにちは、りょうです。

今日もりょう×「?」をテーマに
気になる話題をお届けします!

ってことで、今回僕が
気になったテーマはというと

希望の党の支持率低下

についてです。

2017年の衆議院総選挙に向け
続々と各党が動き出す中。

結成しては急速に
支持率が低下している
小池百合子代表率いる希望の党。

NHKの世論調査では5.4%
比例代表では、10%以上
なんとも微妙な数値ですが。

一体なぜ、今になって
希望の党の支持率は急速に
低下しているのでしょうか?

その理由が気になったので、
今回は希望の党の支持率低下の理由や
最新ネット情報から今後の展開を
予想
していきたいと思います。

Sponsored Links

希望の党の支持率低下の理由とは?

結成当初は、まさに

「希望」

の光が差していた
小池党首率いる希望の党。

ですが、現在はというと
様々な行動や言動が何やら
不穏な兆しから支持率低下に
繋がっているようですが一体、
その理由とは何なのか?

まずは国民の声を第1に
まとめていきたいと思います。

 

その1.寄せ集めの政党

民進党の合流で
注目を集めていた希望の党。

この民進党の合流で
大きな「数」という力を
手に入れた訳ですが逆にこれが、
世間体には逆効果となったようです。

簡単に言ってしまえば、
数と言ういう名の寄せ集め。

希望の党としては
そういうイメージでは合流を
許した訳ではないでしょうけど。

表面上だけの行動だけを
世間から見ればそれは、

希望から絶望のイメージへ

変化したことは
言うまでもないでしょう。

 

その2.リベラル発言がまずかった

最近、テレビやネットを
中心に話題になっている
小池氏によるリベラル発言。

「リベラルとは何ぞや?」

という疑問を抱かせる
横文字までの流れは
良かったのでしょうけど。

※リベラルの意味は
下記ににまとめています。

リベラル系議員って誰?民進党からその他政党のメンバーも全まとめ

インパクトのある

「排除する」

には誰もがざわざわしたことかと思います。

僕はこの言葉を聞いた瞬間、英国初の
女性首相、マーガレット・サッチャー
「鉄の女」を思い出しましたが(笑

この発言が
ネットやテレビでは
面白おかしく取り上げられ
いい意味、悪い意味含め希望の
党のイメージに繋がったのかなと思います。

 

その3.出馬しないという責任感

希望の党の代表でありながらも
総選挙に出馬しないことを
断言した小池都知事ですが、
逆にこの発言が揚げ足を取られ、
格好の的になっています。

  • 各政党では無責任
  • 国民からは出馬すべき

等、いろんな声が聞かれますが。

こちらも良いも悪いも含めて
希望の党の支持率に繋がっている事は
間違いないでしょう。

 

その4.相次ぐ議員の離脱

テレビやネットを通して
様々な政党のニュースが
飛びかっていますが。

最新の情報で
希望の党の支持率低下に
繋がる出来事といえば、

都民ファーストの議員の離脱

です。

こちらの代表は
小池都知事でありませんが
彼女が特別顧問として関わっている以上、
希望の党のイメージダウン、支持率低下に
繋がる可能性は十分にありえます。

都民ファーストに希望の党、
様々な組織を設立しているからこそ、
聞こえてくる内部の声。

そして現在、注目が集まる
政党だからこそメディアに上手く
利用されているのかもしれません。

Sponsored Links

理由をまとめるとこうなる

希望の党の支持率低下の理由を
国民の声やネットの声を調査し、
まとめてみたところ、結局のところ

小池氏の影響力

が良い意味でも悪い意味でも
支持率に直結しているように
感じました。

言うなればそれは、

  • 言葉の間違い1つ
  • 行動の間違い1つ

たった1つがメディアに上手く、
切り取られ報道されているってことですね。

いまのメディアの報道を見ると
正直、希望の党の完全に劣勢のように
僕には移りますが・・・

ここからどう巻き返すのか、
その続きをリアルタイムで
追記しながらみていきたいと思います。

 

最新ネット情報から今後を予想

最新のテレビやネット情報から
僕なりに今後の政党の展開を
予想した結果、

  • 自民・公明 強
  • 民進or立民主 弱
  • 希望 弱

になるのではないかな思います。

簡単に言ってしまえば自民・公明を
筆頭に3分割されるイメージですが、
自民に対する組織はなしって感じですね。

とは言ってもこれは僕の展開予想。

これからの各政党の仕掛け方次第で
支持率は大きく変化するかもなので
その後の展開を見ながら、1票を
どこに投じるのかを引続き
考えていきたいと思います。

 

あとがき

 

話は政治に全く関係ありませんが(笑

よく思うのですが
僕たちがテレビやネット上で
知る情報は全体の物事の
ごく一部にすぎません。

つまりそれは、
表面上は分かっていても
(分かっているふり)裏側は
みえていないということ。

これはテレビ上の
政治家や芸能人限らず、
日常の誰にでもあるあるですが。

表と裏、そして考え方も含めて
僕たちは情報を精査し考える。

このことが大人になっても
本当に大事なことであり、これが
行動(未来)を変えていくのかなと思います。

小学校の道徳の時間が懐かしい。

今回の希望の党の支持率低下について
簡単にまとめると

・小池氏に注目が集まりすぎているから
・今後の支持率は小池氏の仕掛け方次第

になります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

※追記

こちらの記事も一緒に
楽しんで頂けたら幸いです。

リベラル系議員って誰?民進党からその他政党のメンバーも全まとめ

立憲民主党の意味って何?政策内容や民進党との違いに今後の支持率を予想

Sponsored Links

こちらの記事もよく読まれています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。