ホリエモンロケットの費用はいくら?MOMO2号機の打ち上げ場所と失敗の原因を考察予想

こんにちは、りょうです。

今日もりょう×「?」をテーマに
気になる話題をお届けします!

ってことで、早速、今回、
僕が気になったテーマはというと

ホリエモンロケット

についてです。

いつものようにネットを見ていたら
たまたま見つけたホリエモンロケット
MOMO2号機の打ち上げ失敗。

もうロケットの打ち上げとか

「ロマンがありすぎる!」

ですが、そもそもロケットを
飛ばすのにはどのくらいの費用が
かかるものでしょうか?

今回はホリエモンロケットの
費用はいくらなのか探ると共に
MOMO2号機の打ち上げ場所と失敗の
原因を簡単にまとめ
ていきたいと思います。

Sponsored Links

ホリエモンロケットの費用はいくら?

それでは早速、
ホリエモンロケットこと
MOMO2号機の費用はいくらなのか?

ネット上でググってみたところ、
結論から申し上げますとハッキリとした
数字はわかりませんでしたが開発費用は

約数千万円~1億円

程、かかるようです。

今回打ち上げに失敗した
MOMO2号機の前に打ち上げた
MOMO1号機は

  • ・短期間での打ち上げ
  • 桁安い費用

を掲げ、クラウドファンディングで
出資を募り打ち上げ費用を数千万という
格安コストで実現しています。

ロケットを開発し飛ばすとなると

開発費用+打ち上げ費用

がかかるので今回の打ち上げた
ホリエモンロケットMOMO2号機も
おそらく同等の費用が発生したことは
言うまでもないでしょう。

ちなみに一般的な
ロケットの費用の相場は

  1. 開発費用は1000億以上
  2. 打ち上げ費用は100億以上

と言われています。

 

MOMO2号機の打ち上げ場所はどこ?

ホリエモンロケットこと
MOMO2号機の打ち上げ場所は
どこだったのか?というと
打ち上げ場所は

北海道広尾郡大樹町にある発射場

であることがわかりました。

ロケットの打ち上げがある
打ち上げ見学特設会場「SKY-HILLS」

次回のMOMO3号機が
開発されるのであれば、
またここから発射されると思うので
ロケットの新たな発表がある場合は、
是非とも見学してみたいものです。

Sponsored Links

打ち上げ失敗の原因とは?

ホリエモンロケットこと
MOMO2号機の打ち上げの失敗は
とても残念なことですがロケットの
打ち上げはなぜ失敗したのでしょうか?

炎上した原因が気になったので
ホリエモンロケットの打ち上げ
失敗の原因を探ってみたところ、

レギュレータまわりの設計ミス

が原因であることがわかりました。

レギュレータとは?

レギュレータとは、電子回路の一種で、出力される電圧・電流を常に一定に保つように制御する回路のことである。出典:https://www.weblio.jp/

と専門すぎてよくわかりませんが、
原因が分かっているので次回は
対策をして打ち上げ成功に向け
頑張って欲しいものですね。

 

ネット上の反応は?

ホリエモンロケットこと
MOMO2号機の打ち上げ失敗に
ネット上ではどんな口コミが
上がっているのでしょうか?

テレビでは聞けないリアルな
口コミが気になったので早速、
まとめてみることにしました。

SNS上の口コミはこちら。

等、残念な声が多数。

次回こそはぜひ、
ホリエモンロケットの
打ち上げ成功を目指して
頑張ってもらいものです。

 

あとがき

 

初号機は宇宙に届かず、
2号機は打ち上げて炎上という
カタチになったホリエモンロケット。

続く3号機ではどのような
結果が待ってるのか?

夢とロマンが詰まった
ロケットの打ち上げの続きを
僕は全力で応援していきたいと思います。

今回のホリエモンロケットについて
簡単にまとめると

・費用は数千万~1億円
・打ち上げ場所は北海道広尾郡大樹町にある発射場
・失敗の原因はレギュレータまわりの設計ミス

になります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

Sponsored Links

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。