説諭の読み方とは?意味から正しい使い方を全まとめ

こんにちは、りょうです。

今日もりょう×「?」をテーマに
気になる話題を毒舌でお届けします!

ってことで、今回僕が
気になったテーマはというと

説諭

についてです。

現在、相撲界で大人の事情で
話題になってますがその中の
新たな証言で新たなワード「説諭」
というものが出てきました。

この言葉を見た瞬間、

「?」

と日本人でありながらも
読み方も意味もわからず。

ちょっと恥ずかしくなったので、
勉強として。

今回は説諭の読み方や意味に
正しい使い方を調査しまとめ

いきたいと思います。

Sponsored Links

説諭の読み方とは?

説諭。

普段、使わない漢字だけに
読み方が難しいですがこちらは

せつゆ

になります。

大人になっても間違って違う
読み方をするるほど日本語の
読み方はとても大事。

「説諭=せつゆ」しっかりと
覚えておきましょう。

 

意味を調べてみた

さて、読み方が分かったところ、
続いて気になる意味は何なのでしょうか?

早速、その意味を調査したところ

悪い行いを改めるよう言い聞かせること。「非行少年を説諭する]
出典: https://kotobank.jp/

とのことで。

似ている言葉であれば、
説教のようなイメージがしますが。

説教と比較すると違う点は、説教は
宗派があり「説く」という意味がありますが、
説諭にはその意味合いがありません。

説諭は字のごとく説明して諭すなので
宗教的なあり方は一切ないってことですね。

意味は似ているようで違う、日本の言葉。

やっぱり難しいなと思うばかりです。

Sponsored Links

正しい使い方はこれ

言葉だけみると使うことがあるのか?

ちょっと疑問ですが、
日本人として覚えておいて損はなし。

これからもしかしたら
後輩や会社の同僚に対し、
説諭を使う場面があるかも
知れないので早速、使い方を
マスターしていきましょう。

正しい使い方はコチラです。

・~されて
・~された
・~する
・~を
・~も
・~して
・~させ
・~しなければ
・~が
・~の

ですね。

主に文章の間や後に使う事が多く、
具体的な使い方としては

  • ~を説諭した。
  • 説諭してくれるように~

等、こういった場面で使います。

簡単に考えると説教と
同じような使い方でOK。

説諭と言う言葉を使えるだけで
賢くも見えるのでそういった場面があれば
積極的に取り入れていきましょう。

 

あとがき

 

似ているようで意味が違う、日本の言葉。

最近では若者の間で新たな言葉が
生まれていますが本来の日本語も
大事にしていきたいなと思うばかりです。

美しき響きと意味が深い日本語。

これからも読み方や意味、使い方が
わからない言葉は放置せずに
まとめていきたいと思います。

子供の頃の嫌だった勉強ですが、
大人になっても勉強は続く、ですね。

若者言葉を一覧風にまとめてみた2017!略語の意味に使い方も解説するよ

今回の説諭について簡単にまとめると

・読み方はせつゆ
・意味は悪い行いを改めるよう言い聞かせること
・使い方は説教と同じような感じで

になります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

Sponsored Links

こちらの記事もよく読まれています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。