諏訪神社で初詣2018!参拝で混雑する時間や渋滞を回避する方法を伝授

こんにちにちは、りょうです。

今日もりょう×「?」をテーマに
僕が気になる話題をお届けします!

今回気になったテーマはというと

諏訪神社で初詣2018

についてです。

長崎くんちが行われることで
長崎県民が誰しもが知る諏訪神社。

地元の人たちからは「おすわさん」と呼ばれ、
普段から親しまれている諏訪神社ですが
初詣時には多くの人が行きかう人気の
初詣スポットなっています。

2018年ももう間もなくその時を
迎えようとしていますが年始早々の初詣。

できれば道中も参拝も含めて
サクッとスムーズに行きたいところ。

そこで今回は諏訪神社で初詣2018と題し、
諏訪神社での参拝にかかる時間から
混雑や渋滞を回避する方法などを
まとめ
てご紹介します。

Sponsored Links

諏訪神社で初詣2018


出典:https://twitter.com

諏訪神社で初詣2018の前に。

まずは簡単にですが
諏訪神社についてご紹介します。

  1. 森崎
  2. 住吉

の三社が祭られている諏訪神社。

ご利益としては主に

  • 厄除け
  • 縁結び
  • 長崎らしい海上守護

の神社として人気でまた、
日本三大祭りの1つ「長崎くんち」の
舞台ともして知られております。

「長崎くんち」の時期になると

「持って来―い!」

の掛け声と共に神社がにぎやかになり、
あたりはまるでお祭りムード。

長崎ならではの独特な雰囲気が
楽しめる「長崎くんち」はこの国の
重要無形民俗文化財に指定されています。

初詣だけでなく長崎に足を運んだ際は、
是非、チェックしておきしょう。

初詣時の参拝者数:約20万人
アクセス:長崎県長崎市上西山町18番15号

 

参拝にかかる時間について

さてさて本題に戻りまして。

2018年、諏訪神社の初詣の
参拝にかかる時間にどのくらいなのか?
気になったので早速、例年の流れから
探ってみたところ、

約1時間以上

と考えていいでしょう。

依然、長崎市内に住む友人に諏訪神社の初
詣の写真を送ってもらったことがありますが、
とてもスムーズに参拝できる状況では
ありませんでした。

「長崎くんち」で知られていることもあり、
約20万人の参拝者が毎年押し寄せますからね。

2018年も例年同様に多くの人で
混雑が予想されるので初詣の参拝は
時間がかかることを頭に
叩き込んでおきましょう。

Sponsored Links

混雑や渋滞を過去から予想

まず諏訪神社の初詣時の混雑ですが、
結構な人、人、人が行きかいます。

また露店も出店されていますので、
そこで人の流れが変わってしまっているので
少々歩きづらいということをよく耳にします。

特に元旦は混雑することは
間違いないので社殿近くまで行くことが
なかなか困難で人によっては社殿近くまで
行かずに遠目から参拝して帰る人も。

初詣時は混雑に対し覚悟が必要な諏訪神社ですが、
初詣時だけでなく年越しも多いのが特徴です。

毎年、年越しを一緒に過ごすカップルや
家族でごった返していることが分かっているので
2018年も初詣は元旦だけでなく、正月三が日は
終日混雑していると思ったほうがいいでしょう。

 

 

次に渋滞ですが、
こちらも毎年大混雑です。

数キロに渡って渋滞しているのが
毎年の恒例となっている諏訪神社なので
2018年も変わらず渋滞は発生するでしょう。

車で来るなら、

車内待機1時間

は覚悟しておいた方が良いかもしれません。

 

混雑を回避する方法

まず境内へ道中の混雑の回避方法ですが
ルート的な回避方法はありません。

入り口から社殿まで一方通行なので、
諏訪神社境内の混雑を回避するには
日にちをずらすしかありません。

まず正月三が日は混雑必須なので、
もし混雑せずにスムーズに参拝を

1月4日5日に行く

ことをおすすめします。

少々混雑はしていますが、
正月三が日に比べると全然余裕で
長崎市内に住む僕の友達はずらして
行く事を心がけているのでまず
間違いない方法かなと思います。

 

 

また、どうしても正月三が日に
行きたいのであれば

朝7時~9時

の早い時間帯に
行くことをおすすめします。

お昼に近づくと人も増えてきますし、
このくらいの時間だと駐車場も
そんなに混雑していません。

ただ、元旦は初日の出客で
混雑しやすいのでできるだけ元旦は
避けることをおすすめします。

 

渋滞を回避する方法

次に渋滞を回避する方法ですが、

バスと路面電車の利用

をおすすめします。

正月シーズンは増便されますので
いつもより利便性が上がりますし、
車で待っているよりはるかに早く
諏訪神社へ行くことが可能です。

特に路面電車は
片道大人120円という破各の安さなので
お財布にはダメージも少なくて済みます。

 

 

また長崎芒塚インターチェンジ方面から
諏訪神社へ向かうことはおすすめしません。

というのも、インターチェンジから
諏訪神社までの道のりに駐車場はありますが、
どこもすぐ埋まってしまいますし、そこの方面は
いつも渋滞してしまっているんですよね。

もし高速道路を使うなら出島まで
行ってしまった方が良いです。

そこから正覚寺下の電停を目指せば
周辺にたくさん駐車場がありますので、
そこに車を停めて路面電車で
諏訪神社へ向かいましょう。

 

おすすめの駐車場について

2018年の諏訪神社で初詣に
バスやタクシーをご利用の方にここからは
おすすめの駐車場をご紹介します。
 

その1.丸山タイム100円パーキング

台数:約10台
料金:1時間100円

6時間いても600円なので、
時間を気にせずゆっくりと回ることができます。

 

その2.正覚寺下駐車場

台数:20台
料金:30分100円

駐車代金は最大で900円なので長く
停めておきたい人でも上限があるので安心です。

 

その3.思案橋駐車場

最大1000円の思案橋駐車場。

大通りに面しているので
比較的入りやすい駐車場です。

 

その4.D-Parking

台数:60台
料金:40分100円

60台近く停められて、40分100円、
最大で700円~800円の○D-Parking。

結構人気のある駐車場ですのでお早めに。

 

あとがき

 

毎年多くの参拝者がごった返す、
長崎の諏訪神社の初詣。

長崎ならではの異文化が交じり合う、
独特の雰囲気を楽しみながら年始早々の運
試しに参拝をスムーズに行っていきましょう。

最後に今回の諏訪神社で初詣2018について
簡単にまとめると

・参拝時間は約1時間以上
・混雑を回避するには正月三が日を避ける
・渋滞を回避するにはタクシーバスの利用

になります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

※九州の年末年始におすすめの場所はコチラです。

【福岡】
福岡の初日の出スポットランキング2018!おすすめの時間や方角から穴場も紹介

【熊本県】
阿蘇神社で初詣2018!参拝時間から混雑や渋滞を回避する方法を全まとめ

【大分県】
宇佐神宮で初詣2018! 参拝にかかる時間や混雑や渋滞を回避する方法まとめ

【佐賀県】
祐徳稲荷神社で初詣2018!混雑する参拝時間から回避する方法やおすすめの駐車場まとめ

【宮崎県】
鵜戸神宮で初詣2018!参拝にかかる時間から混雑や渋滞を回避する方法を伝授

【鹿児島県】
霧島神宮で初詣2018!参拝にかかる時間から混雑や渋滞を回避する方法を伝授

Sponsored Links

こちらの記事もよく読まれています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。