宇佐神宮で初詣2018! 参拝にかかる時間や混雑や渋滞を回避する方法まとめ

こんにちは、りょうです。

今日もりょう×「?」をテーマに
気になる話題をお届けします!

ってことで、今回僕が
気になったテーマはというと

宇佐神宮の初詣

についてです。

大分県宇佐市にある宇佐神宮。

全国4万社余りある八幡社の
総本山と言われるこの神社は、
毎年多くの観光客が参拝に訪れ
賑わってますが初詣となると
その数は人知れず。

足を運べば行く前から渋滞に
混雑が当たり前となっています。

できれば年始早々の初詣は、
スムーズに参拝し良い1年の
スタートをむかえたいところ。

そこで今回は宇佐神宮で初詣2018と題し、
参拝にかかる時間や混雑や渋滞を
回避する方法をまとめ
てご紹介します。

Sponsored Links

宇佐神宮とは?

出典: https://twitter.com/

全国に4万社ある八幡社の総本山となる、
大分県宇佐市にある宇佐神宮。

参拝の作法が全国的にも珍しい
「二拝四拍手一拝」という作法を用い、
参拝する際は

  • 上宮
  • 下宮

ともにお参りしなければなりません。

毎年足を運ぶ方も
また初めていく方も含めて
参拝順は

  1. 左の一之御殿
  2. 中央の二之御殿
  3. 右の三之御殿

と順番にお参り正しい参拝の
順番となりますので覚えておきましょう。

二拝四拍手一拝の
参拝方法を簡単にまとめると

  1. ご神前に向かい、姿勢を正して2度頭を下げる
  2. 両手を合わせ胸の高さで4回手を打つ
  3. もう1度深く頭を下げる

になります。

宇佐神宮でのご利益としては、
一之御殿では勝負運のご利益があり、
二之御殿と三之御殿では縁結びや
安産・子宝のご利益がある
と言われています。

 

宇佐神宮で初詣2018

毎年多くの参拝者が訪れる
宇佐神宮ですが初詣シーズンになると
約40万人の人手が集まります。

見渡す限りいる人、人、人。

年始を祝う参拝なので
仕方ないのかもしれませんが、
足を運ぶ際は人の多いことは
頭に叩き込んでおきましょう。

宇佐神宮のアクセスについてはこちらです。

〒872-0102 大分県宇佐市南宇佐2859

車「宇佐IC」から国道10号線(別府方面)へ約6km(約15分)

※カーナビに「宇佐神宮」と入れてしまうと
御本殿へ案内される場合があります。

宇佐神宮の御本殿周辺には駐車場がないので、
カーナビへ入力する際は駐車場の方を
入力してください。

 

参拝にかかる時間について

初詣ではない通常時の場合は、
駐車場から出発してゆっくりと回って
1時間くらいで参拝が可能です。

これが混雑時、つまり初詣となると
その時間は倍、軽く見積もっても

約2時間

はかかると考えておきましょう。

また、南大手門の横に無料で使える
モノレールがありますが、こちらを使えば
高齢者や足が悪い方でも参拝へ行く事が可能です。

モノレールは片道1分30秒で御本殿に
到着しますが初詣時に利用する方が多いことは
確実なので参拝をスムーズに済ませたい方は
できるだけ早めに確保しておくことをおすすめします。

 

混雑や渋滞を過去から予想

まずはじめに。

知って得する情報をご紹介しますと
宇佐神宮へ向かう国道10号線は、
初詣の方で必ず大渋滞します。

2018年の宇佐神宮の初詣限らず、
毎年恒例のこの混雑、渋滞。

1km進むのに約30分

程、かかるのでその点をふまえて
初詣の段取りを考えておいた方が
いいかもしれません。

また無事、宇佐神宮周辺の駐車場に
停車したとしてもそこから進むのも
一苦労でメインの通りではとにかく
1に2に人の嵐が予想されます。

メインの通りには
露店がいくつもあり、その影響で
なかなか前に進むのが大変になるので
到着前、後含めて混雑に渋滞があることを
覚えておきましょう。

Sponsored Links

混雑や渋滞を回避する方法

ここからは毎年恒例の宇佐神宮での
初詣混雑や渋滞を回避する方法を
ご紹介します。

 

混雑の回避方法について

まず宇佐神宮内での混雑ですが、
入口付近の露店ゾーンを抜ければ
その後、混雑することはないので、
鳥居がない裏側から行く方法をおすすめします。

全く人がいないというわけではありませんが、
メインの通りから行くより混雑せずに割と
スムーズに足を運ぶ事が可能です。

混雑を回避して宇佐神宮に行きたい方は
一般的なルートとは違う別のルートから
宇佐神宮へ足を運ぶことをおすすめします。

 

渋滞を回避する方法

続いて車で行くと嫌な渋滞を
回避する方法についてですが
まともに宇佐神宮へ続いている
大きな道は国道10号線しかありません。

もうこの国道が毎年初詣になると
これでもかッ!と混み合うわけですが、
もしこの渋滞を回避しながら宇佐神宮へ
行きたいのであれば、宇佐神宮の裏の
山側からタクシーで行く方法をおすすめします。

自分の車だと停めるところがありませんが、
タクシーならどこでも停めてもらえます。

それに地元のタクシーの運ちゃんなら
すごい抜け道を知っている可能性が高い。

タクシーの運ちゃんも含めていい年を
お互い迎える為にも協力して宇佐神宮へ
足を運びましょう

多少お金がかかってしまいますが、
渋滞に引っかかるととてつもなく時間を
浪費するよりもマシです。

渋滞を回避する方法は

  1. 自分の車で来ない
  2. 車は別の場所に停めておく
  3. 歩くかタクシー

ということを覚えておいてくださいね。

 

おすすめの駐車場について

もう自分の車で行きます!

という方のためにおすすめの
駐車場をいくつかご紹介します。

とは言っても宇佐神宮の初詣2018では
多くの参拝者が利用する駐車場でもあるので
いくつか目星をつけておきましょう。

 

その1.宇佐神宮 表参道駐車場

大分県宇佐市南宇佐

普通車 130台 料金:12時間 400円

渋滞しててもいい、近いところに
停めたいという人向けですね。

 

その2.八幡駐車場

大分県宇佐市南宇佐2181-1

大型車・中型車・マイクロバス 20台
普通車・二輪車 400台
料金:大型車・中型車 1500円
マイクロバス1000円
普通車400円 二輪車100円

 

その3.宇佐神宮 呉橋駐車場

大分県宇佐市南宇佐2325

マイクロバス・普通車・二輪車 120台
料金:マイクロバス400円
普通車400円
二輪車100円

大通りからは離れた駐車場です。

 

その4.宇佐駅周辺の駐車場

駅に停めてタクシーを利用する場合に
おすすめの駐車場です。

駅側にはタクシーが待機していますので
すぐに乗ることができるのでタクシーで
行く場合はこの駐車場を利用していきましょう。

 

あとがき

 

大分県の宇佐神宮で初詣2018について
気になるポイントをまとめてみましたが
いかがでしたでしょうか。

初詣の時期には40万人の
参拝者が賑わう宇佐神宮。

初詣行くは誰もができますが、
スムーズに行くは段取り次第でうs。

当日前から計画を練りスムーズな
参拝を心がけましょう。

それでは良いお年を!

Sponsored Links

こちらの記事もよく読まれています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。