VAR判定の意味や読み方って何?サッカーW杯でのルールや基準を簡単に紹介

こんにちは、りょうです。

今日もりょう×「?」をテーマに
気になる話題をお届けします!

ってことで、早速、今回、
僕が気になったテーマはというと

VAR判定

についてです。

ワールドカップロシア2018にて
初採用されたVAR判定が現在、
密かに話題になっています。

日本の予選突破で導入された

フェアプレーポイントはいつから始まったの?意味や仕組みとW杯での日本の評判を全まとめ

を含め、何かと新たな制度が多い
ワールドカップですがVAR判定には
一体どんな意味があるのでしょうか?

今回はワールドカップや
サッカー界で普及しつつある
VAR判定の意味や読み方から
サッカーW杯での使用ルール基準も
簡単にまとめ
ていきたいと思います。

Sponsored Links

VAR判定の意味って何?

ワールドカップロシア2018で
初めて採用されたVAR。

一体、このVARとは何なのか?

というとVARの意味は

サッカーの審判補助システム

になります。

こうやって言葉を並べると
意味がわかりにくいですが、
簡単に言ってしまえば日本の
野球でよく見るビデオ判定と
同じような感じと覚えておきましょう。

では具体的にVARは
どんな時に導入されるのか?
この件については言葉よりも
動画を見たほうが早いので。

早速、VARにより判定が覆った
動画をチェックしていきましょう。

判定は覆され
プレイヤーは怒る。

審判がいる意味があるようでないような、
そんな複雑な気がしてなりません。

 

VARの読み方は?

今後のサッカー界で
普及しそうな言葉、VARですが、
この言葉は何の略なのでしょうか?

A「この試合、VAR判定が正しかったな」

B「ところでVARって何の略なの?」

とツッコまれて答えられなったら
恥ずかしいので早速、VARの読み方を
ググってみたところ読み方は

ビデオ・アシスタント・レフェリー(Video Assistant Referee)

になります。

ビデオ・アシスタント・レフェリーを
略して「ブイ・エー・アール」。

VARの読み方はこれでOKですね。

Sponsored Links

VARのルール基準を簡単に

サッカーで採用されるVARシステムですが、
具体的にどんな時に使用されるのでしょうか?

サッカーの試合中に
VAR判定が常に使用されたら
試合どころじゃありませんからね。

一体どんな時に採用されるのか?

サッカーの試合中に
VARを使う側目線を知っておくためにも
早速、VARのルールや基準を簡単に
覚えておきましょう。

具体的なVARのルール基準は下記の通りです。

  1. ゴールが決まったか?
  2. PKかどうか?
  3. 選手への警告や退場
  4. 選手を見間違えていないか?

つまりVARのルール基準を
簡単にまとめるのであれば、
サッカーの試合の大事なシーンで

  • 物議が醸し出されそうな時
  • プレーに違和感がある時

になります。

ちなみにVARが使えるのは監督や
選手ではなく試合中の審判のみ。

野球では監督がメインで
ビデオ判定の抗議をしますが、
サッカーで審判がメインであることを
覚えておきましょう。

 

あとがき

 

サッカーのプレー中の審議に
役立つVARによる判定。

サッカーの試合で
フェアなプレーをする為を
考えととても良いことですが
逆にサッカー選手の真剣な
プレー中に水を差すような感じもあり、
複雑な気分がしてなりません。

皆さんはVARの判定や導入を
どのように思いますか?

今回のVARについて
簡単にまとめると

・意味はサッカーの審判補助システム
・読み方はビデオ・アシスタント・レフェリー
・ルール基準は試合中のプレーに違和感がある時

になります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

Sponsored Links

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。