ヤマカガシの見分け方や特徴を画像でチェック!噛まれたらの対処法や日本の毒蛇まとめ

こんにちにちは、りょうです。

今日もりょう×「?」をテーマに
僕が気になる話題をお届けします!

今回気になったテーマはというと

ヤマカガシ

についてです。

いつものようにネットを見てたら
たまたま見つけたワード、
ヤマカガシ。

ワードの内容をみるとなんでも、
毒蛇ヤマカガシに子供が噛まれたという、
ショッキングなニュースでしたがその後をみると
回復に向かってるとのことで、ホッとしましたが。

これからの季節、
海に山に行く機会が多いからこそ、
これらのヘビには注意したいところですよね。

ってことで今回は、
ヤマカガシの見分け方や特徴に
噛まれた時の対処法をまとめ

ご紹介します。

日本で注意すべき毒蛇もまとめてるので
よかったらチェックしてみてくださいね。

それでは早速、参りましょう。

Sponsored Links

ヤマカガシとは?

まず日本に生息するヤマカガシとは
どんなヘビなのか?そのスペックを
簡単にまとめてご紹介します。

名前:ヤマカガシ
体長:60~120cm
生息域:本州、四国、九州、離島

出典:https://ja.wikipedia.org/

日本固有のヘビで、
その生息地はほぼ日本国内。

「ヤマガカシ」というネーミングから
山にいるかと思いきや、実はそうでもなく

  • 水辺
  • 水田
  • 湿地

等に主に生息していることが
分かりました。

性質的には、
おとなしいとのことですが、
毒があることは確かなので
注意しておくいた方がいい
危険な存在であることは
間違いないでしょう。

 

見分け方を画像でチェック

ほぼ日本国内に生息する
毒蛇ヤマカガシですが、
僕ら素人には

全くわからん!

ですよね。

もし分からずに近づき、
噛まれて一大事になっては
ガチでひとたまりもありません。

知らないが1番怖い事なので
まずはヤマカガシの画像を
チェックしていきましょう。

出典:https://twitter.com/

もう見た目からして

「毒蛇やんけ!」

って感じもしますが、
普通のヘビとの見分け方の
ポイントの1つは

赤色と黒色の斑紋

です。

もう見た目から
毒ヘビ感ありまくりですが、
とにかく赤色と黒色の斑紋の
ヘビを見かけたら近づかないこと。

これは大人から子供へ、
しっかりと教えてあげてくださいね。

っというよりも、そもそも、
ヘビに近づかないこと!が1番いいです。

 

特徴を簡単にまとめてみた

ヤマカガシの画像での
見分け方が分かったので安心!
って感じですが、おさらいとして
最後に特徴を簡単にご紹介します。

これからの季節、
山、川などで遊ぶ時に
ヤマカガシの注意する点として
お子さんにお伝えする時に下記の
特徴を教えてあげてくださいね。

  • 全長60~120㎝
  • 赤と黒の斑紋
  • 日本一の毒の持ち主
  • 攻撃態勢はコブラのように威嚇
  • 毒液を飛ばす事もある

です。

日本で毒蛇といえば?というと、
マムシやハブをイメージしますが、
実はマムシやハブよりヤマカガシは
彼等よりも毒性が上です!

しかも上なのに名前がそこまで
知られてないという事実。

「なんということでしょう!」

という某番組のワンシーンの
あの言葉がまさにあてはまる訳ですよ!

なんとも危険すぎる毒蛇ヤマカガシ。

一体、ヤマカガシには
どれだけの毒性があるのか?
気になったので調べると
ヤマカガシには実は

  • マムシの3倍
  • ハブの10倍

の毒性があると言われています。

もうガチでヤバすぎる訳ですが、
日本のヘビの中でも毒でいえば
頂点に経つヤマカガシ。

とにかく皆さん要注意です!

Sponsored Links

噛まれたら対処法

ヤマカガシ噛まれると

  1. 止血作用が失われる
  2. 全身皮下出血
  3. 重傷では脳出血、急性腎不全

などがあり、最悪の場合は
「チーン」なケースもあると
言われています。

とは言われても
いつどこで噛まれるか?
分からないからこそ危険ですよね。

山や川で遊んだ時、
ペットと散歩していた時など。

いろんな場面が考えられる訳です。

気付いたときには

「パクリ!」

その時に知っておきたいのが
噛まれたらの対処法ですが、
もうこれは一言!

すぐに病院に行ってください。

マムシやハブより毒が強いのは
明らかなので自ら治療を行っても
意味がありません。

とにかく病院、これだけを考えて
行動する事が1番賢明でしょう。

ただ噛まれてすぐの対処法としては

  • 毒液を洗い凪がず
  • 脈拍を高めない
  • 口で毒を吸い出す

等がありますが、
これらはあくまで病院へ行くまでの
応急処置でしかありません。

だからこそ、噛まれた時、
また毒液を受けたときは
病院へを忘れずに行動しましょう。

 

その他に注意すべき日本の毒蛇

ヤマカガシの危険性について
とにかくまとめてきましたが、
日本にいる毒蛇はなにも
ヤマカガシだけとは限りません。

日本にはその他に

名前:マムシ
生息地:北海道、本州、四国、九州、離島

名前:ハブ
生息地:沖縄、離島

がいるのですから
これらにも十分に注意すべしです。

1番はヘビをみつけても
近づかない事につきますが、
外で遊ぶ時は十分に注意しましょう。

 

あとがき

 

ヒアリに続き、
毒を持つ生物が最近、
日本では話題になってますが。

これらの存在を知っていても
見つけたときや遭遇した時、
どうすればいいか困りますよね。

正しい知識で正しい対応を。

しっかりできるように、
勉強し知識を身につけることが
本当に大事だなと思うばかりです。

学校の授業は退屈だけど、
自分に関係することには
力が入るです(笑

今回のヤマカガシについて簡単にまとめると

・見分け方は赤色と黒色の斑紋
・特徴は水辺にいる、毒が強い
・噛まれたすぐに病院へ
・その他の毒蛇、ハブ、マムシにも注意

になります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

※こちらの記事も要チェックです。

ヒアリは日本のどこにいる?刺された時の毒の症状に対処法を画像で全まとめ

Sponsored Links

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。